2013年度上半期Best Act 開催情報です2013年度下半期Best Act 開催情報です

2013年07月22日

2013年上半期のBest Act

kodomo_konohana.jpg  

 

【作品部門】
1.劇団子供鉅人『コノハナ・アドベンチャー2』

2.iaku『流れんな』

3.パルコ・プロデュース『レミング~世界の涯まで連れてって』

 


【役者部門】
1.山崎彬カスガイ『バイト』
2.石田剛太男肉 du Soleil 『石田剛太のスペース☆コブラ』)
3.大塚宣幸伊藤えん魔プロデュース『オズの魔法使い』)
    桑折現烏丸ストロークロック『国道、業火、背高泡立草』)
    林英世(『林英世ひとり語り』)
    峯素子iaku『流れんな』)
 ※同順位の役者は50音順で表記
   
今年の総評ですが、「関西ぴあ」からの依頼で、「関西ぴあweb」内のニュースにて掲載させていただきました。お手数ですが、こちらからご確認ください。
 
またこちらの文中では掲載できなかった、ランクイン以外で名前が上がった主な作品は、劇団赤鬼『田川徳子の五月晴れ! あん時の夢かなえたろかSP!』、イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』、オイスターズ『ドレミの歌』、劇団ZTON『天狼ノ星』、THE ROB CARLTON『スカイ・エグゼクティヴ』、冨士山アネット『シャウレイの十字架』、ままごと『朝がある』など(上演ユニット名50音順表記)。主な役者は岡部尚子南河内万歳一座『宝島』)、桜 稲垣早希(『ロボット演劇版 銀河鉄道の夜』)、永津真奈石原正一ショー『筋肉少女』他)、橋爪未萠里iaku『流れんな』)、森崎正弘メイシアタープロデュース公演『舞姫』)など(50音順表記)。特に作品部門で名前が上がったTHE ROB CARLTONは、「次にブレイクするのは彼ら!」という声が複数人から上がるほど高い評価を得ていたので、ぜひ今後に注目したい。
 
 
※文中敬称略
 
 


bestact at 00:27│Comments(0)TrackBack(0)result 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2013年度上半期Best Act 開催情報です2013年度下半期Best Act 開催情報です