2010年07月

2010年07月19日

2010年上半期のBest Act

pp.jpg

 

 

【作品部門】
1.ピースピット
『MOTHER』
2.烏丸ストロークロック
『八月、鳩は還るか』
2.福田転球×平田敦子÷上田誠
『ミッション女 プロジェクト男』

 

上演中から大きな反響を呼び、わずか1ヶ月で劇場を変えて追加公演を行うという、2010年関西上半期の一大事件とも言える作品となった『MOTHER』が、圧倒的な支持を集めて1位。ちなみに「付け加えたシーンが非常に効果的だった」と、追加公演の方を推す意見が多かった。2位は同票で2作品(表記はユニット名50音順)。烏丸ストロークロックは、数年の歳月をかけて作り込んだ強固な世界観、観客の視線を巧妙に計算に入れた演出などの完成度の高さで、一時はベスト1に推す声が挙がるほどの高い評価を得た。福田転球と平田敦子の二人芝居は、この2人の関係性の面白さと、肝心のアクション場面をすべて点と線の映像のみで表現するという手法を賞賛する声が挙がっていた。

 


【役者部門】
1.金替康博(MONO
『赤い薬』)
2.天海祐希(
新感線RX『薔薇とサムライ~Goemon Rock Over Drive』
2.七味まゆ味(柿喰う客 七味まゆ味一人芝居
『いきなりベッドシーン』)

 

MONO『赤い薬』で、いまいち頼りがいのない医師を演じた金替康博が「何か変なたたずまいが最高」と、まんべんなく票を集めて1位。ルドルフ『授業』の教授役でも推す声が挙がっていた。 2位は作品部門と同じく、同票で2名がランクイン(表記は50音順)。『薔薇とサムライ』で女海賊&女王役を颯爽と演じた天海は、そのあまりの格好良さゆえに、今まで大劇場芝居からのチョイスを何となく避けていた、この話し合いの暗黙の掟を破ってのベスト3入り。『いきなりベッドシーン』で悲惨な高校生を神々しいほどのハイテンションで演じた七味は「こんな切れ味の鋭い女優はいない!」との声が。柿喰う客の本公演『露出狂』での怪演も込みで評価された。

 

(文中敬称略)

 

 



bestact at 00:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)result 

2010年07月18日

2010年上半期Best Act 開催情報です

2010年上半期(1月~6月)に関西で上演された芝居の中から、観客が本当に「面白い!」と思った芝居&役者のベスト3を決める「2010年上半期Best Act」の詳細が決定いたしました。常連の方も初めての方も、お気軽にご参加ください。見学のみの参加もOKです。

(このイベントの趣旨などにつきましては、コチラをごらんください

 

 

日時:2010年7月18日(日)19:00~(途中参加・退出OK)

 

場所:カフェ[太陽ノ塔]home店

〒530-0016 大阪市北区中崎2丁目3番12号 パイロットビル1F 

TEL.06-6374-3630

http://www.taiyounotou.com/home.html
※中崎町には[太陽ノ塔]が2店ございます。お間違いのないようにご注意ください。地下鉄中崎町の駅に近い方の本店です。

 

参加費:無料(ただしカフェの飲食代は、各自ご負担いただきますようよろしくお願い申し上げます)

 

 諸条件など:

●参加資格は「関西で芝居(演劇・ダンス・ミュージカルなど含む)を3本以上観劇した人」です

●お店の席を確保する都合上、おおまかな参加人数を把握したいため、参加を希望される方はコメント欄&下記連絡先まで参加表明をしていただければ幸いです(連絡先などは不要です)。とはいえ、当日飛び込みの参加も歓迎いたします

●投票のみの参加も可能です。その際は、下記連絡先まで芝居&役者(該当する公演名も添えてください)のベスト3をお送りくだされば、話し合いの中で反映させていただきます。簡単な理由も添えていただくと嬉しいです

●参加される方も、当日の話し合いをスムーズにするため、あらかじめベスト3を決めた上で臨んでください

 

連絡先:yoshinag(あっとまーく)mtc.biglobe.ne.jp

※メールを送信する際は、(あっとまーく)を@に変えて使用してください

 

 



bestact at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)information 

2010年07月04日

2009年度下半期のBest Act

ori-shu.jpg

 

 

【作品部門】
1.
オリジナルテンポ『喋るな、遊べ!!』
2.
ピースピット『悪辣 The Dirty Play』
3.
『KEBAB』

 

エジンバラ演劇祭でも絶賛されたという関西発のノン・ヴァーヴァル・パフォーマンスの凱旋公演が、英国での勢いそのままに(?)こちらでもベスト1に。ピースピットは、その重厚な世界観と緻密な設定に「エンタメ芝居は浅いという人にこそ観て欲しい」という声も上がっていた。『KEBAB』は観劇した人数は少ないながらも、舞台美術の面白さなどが高い評価を集めた。

 


【役者部門】
1.
宮部純子下鴨車窓『人魚』)
2.吉川莉早(
悪い芝居『最低の夢』)
3.山崎彬(悪い芝居/『KEBAB』)

 

下鴨車窓を観た観客から、もれなく「あの存在感は普通じゃない!」との強い支持を受けて、宮部が順当に1位を獲得。2位はキュートさと狂気を兼ね備えた熱演が評価された吉川に。3位も劇団外のプロデュース公演ながら、悪い芝居主宰の山崎が選ばれた。同じ劇団に所属する役者の同時ランクインは異例のことで、同劇団の勢いを象徴するような結果となった。

 

(文中敬称略)

 


 



bestact at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)result 

2009年上半期のBest Act

tage-sen.jpg

 

 

【作品部門】
1.
TAKE IT EASY!末満健一『千年女優』
2.
伊藤えん魔プロデュース『悪いヒトたち。』
3.
AI・HALL+小原延之共同製作『oasis』

 

今敏監督の同名アニメーション映画を舞台化した『千年女優』が、圧倒的な差を付けての1位獲得。伊藤えん魔プロデュースは、あくまでもえん魔風コメディでありながらも、テーマ的に新境地を開いたという声が。死刑制度をテーマにした『oasis』 は、最後まで某作品と3位を争ったが、両作品を未見の観客による「話を聞いて、どっちの作品を観たいと思ったか」という基準での決定投票で3位に食い込んだ。

 


【役者部門】
1.大熊ねこ(
遊劇体『海神別荘』)
2.永野宗典(なるみ×
ヨーロッパ企画『ケセラセラ日和』他)
3.荒木千恵(
ベトナムからの笑い声『タショウノハンデキャップハクレテヤル』他)
  蟷螂襲(
PM/飛ぶ教室スイス銀行『地球のみなさん、悪く思わないでください』他)

 

「『海神別荘』での公子役がとにかく絶品だった」と、同作を観た観客全員から1位に上げる声が挙がった大熊がベスト1。永野は『ケセラセラ日和』の見事な女性役もさることながら、初の本格的な作・演出作品を成功させたことも評価の対象に。3位は「どちらも甲乙付けがたい」とのことで、初のダブルランクイン。特に荒木は「よくぞベトナムに入団してくれた!」という賞賛が上がっていた。

 

(文中敬称略)

 

 

 



bestact at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)result 

2008年度下半期のBest Act

ishi-k.jpg



【作品部門】
1.
維新派『呼吸機械-《彼》と旅をする20世紀三部作 #2』
2.
くじら企画『山の声』
3.
劇団子供鉅人『電気女夢太る』

 

維新派の4年ぶりの野外劇が、全参加者が1位 or 特別枠に挙げるという圧倒的な評価を得て、貫禄のベスト1に。2位のくじら企画は、奇しくも主宰・大竹野正典の遺作となり、後にOMS戯曲賞大賞を受賞した作品。子供鉅人は、この作品を猛烈にプッシュした観客からの、動画を持ち込んでまでのデモンストレーションと、将来性を期待した上での3位入り。

 

 

【役者部門】
1.芳崎洋子(
糾~あざない~期間限定Saccharin『楽屋』)
2.中谷さとみ(
劇団☆新感線デス電所『ヌンチャクトカレフ鉈鉄球』)
3.吉田みるく(
男肉 du soleil共犯企画『大炎上』) 

 

全員が所属劇団の公演ではなく、外部プロデュース企画や客演での公演で評価されるという面白い結果に。特に糾~あざない~の芳崎は、普段役者として舞台には立たないというレア度も含め、その意外な怪演は強烈な印象を残したよう。中谷も新感線では脇を固める役が多いだけに、主役級の役を演じた時の強い存在感が高く支持された。男肉ではハイテンションな演技が多い吉田も、若手劇団合同公演で見せた抑えめの演技で「ちゃんと演技ができるんだ」という、失礼な(笑)評価を得てのランクイン。

 

(文中敬称略)

 

 



bestact at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)result