2018年02月

2018年02月13日

2017年下半期のBest Act(再演部門トライアル)


sanpo

 


【再演部門(トライアル)】

イキウメ散歩する侵略者


「概念」を奪う宇宙人に、静かに侵略されていく日常を描いたSF風人間ドラマを、黒沢清監督による映画版公開のタイミングで、6年ぶりに再演。「演出にも役者たちの演技にもスキがなくなり、進化も深化も濃くなっていた」と、戯曲自体の強度はもちろん、前回の上演より格段にクオリティを上げてきた点が高く評価された。また「大阪初演(2007年)では侵略する側だった内田慈が、ある意味地球を救う側の立場になっていたのが感慨深かった」と、何度もリバイバル上演されている作品ならではの感想もあった。

その他に名前が上がった作品は、くじら企画『サヨナフ』匿名劇壇『悪い癖庭劇団ペニノ『ダークマスター2017』など(上演ユニット名50音順)。また、土田英生セレクション『きゅうりの花』も、このユニットでは初上演だが、作・演出の土田自身がこのユニットを「自らの作品を再演する場」と位置づけているため、再演部門の対象とした。

【追記】
2017年度下半期作品部門のベスト3に選ばれた劇団「劇団」『1000年の恋』は、結果発表後に再演作品であることが判明しました。その時は誰も再演であることに気づかなかったため、今回食い違いの出る結果となったことを反省した上で、次回以降につなげたいと思います。


※文中敬称略
 


bestact at 15:25|PermalinkComments(0)result