2020年04月

2020年04月03日

2019年下半期のBest Act

dull

 
【作品部門】 
1.DULL-COLORED POP福島3部作・一挙上演
2.iaku『あつい胸騒ぎ』
  サファリ・P『怪人二十面相』
  ももちの世界『カンザキ』

  ※同順位の作品はユニット名50音順で表記。
 
作品部門は、上記4つの作品がほぼ均等な評価を集めたが、福島第一原発をめぐる50年に渡るドラマを、ターニングポイントとなる3つの時代に分けて描いた物語を一挙に上演した、DULL-COLORED POPの大阪公演がわずかにリードして、初のベストに輝いた。関西圏以外の劇団の作品がベスト1に選ばれたのは、NODA・MAP『THE BEE』が2012年の上半期ベストに選ばれて以来7年ぶり。「それぞれの時代でテイストを変えた3作品を、一気に観ることで圧倒感が増した」「3.11という最大のネタバレを知っていても、人間関係のゴタゴタが不幸を巻き起こす様に惹きつけられた」と熱い評価が寄せられた。
2位は「どれも甲乙つけがたい」という理由で、3作品が同率2位に。若くして乳がんになった娘とその母の、それぞれの恋愛を描いたiakuには「キャスティングが的確。二人の関係の変化が味わい深く、実在の人物として感情移入した」との声が。
『怪人二十面相』をベースに、様々な江戸川乱歩作品をコラージュした舞台を見せたサファリ・Pには「乱歩の文章を通して、人間の身体の魅力がにじみ出てくる。グロテスクな気持ち悪さが素敵なものと思える世界」というコメントが。
暴力がはびこる家族経営の会社を舞台に、性同一性障害を抱える人物の葛藤を描いたももちの世界は「性同一性障害の人の心境に大きく踏み込むことで、さらに高いレベルに到達した。関西弁の台詞も心地良い」などの声が、それぞれ寄せられた。
 
これ以外にも、ベスト3には入らなかったけど高く評価された主な作品は(ユニット名50音順に表記)、劇団壱劇屋『空間スペース3D』、NODA・MAP『Q:A Night At The Kabuki』、庭劇団ペニノ『蛸入道 忘却ノ儀』など。
 

【役者部門】 
1.のたにかな子ももちの世界『カンザキ』) 
2.芝原里佳努力クラブ『夜、世界をふたりで抜け出す』) 
3.村角ダイチABCホールプロデュース『ジェシカと素敵な大人たち』)

『カンザキ』で、性同一性障害を抱える主人公を演じたのたにが、圧倒的な票を集めて初のベスト1に。「自分は男なのになぜこんな身体なのか? という絶望がリアルに伝わる。社長に対して複雑な思いを抱える様など、難しい役柄をよくぞ体現してくれた」と絶賛の声が集まった。
2位は、ラブホテルに入ったカップルの、初々しくもエロいやり取りを見せた「匿名劇壇」の芝原が、この舞台を観た人からもれなく票を集める形でランクイン。「影マイクで聴こえる暗闇でのやり取りがカワイイだけでなく、女性の本性までさりげなく伝わってくる塩梅が秀逸」と評価された。
3位は、アメリカンテイストのコメディで母親役(!)を熱演した村角。「THE ROB CARLTONの『マダム』の時より女性役のレベルがアップ。しっかりと“憧れの母親像”を体現していた」などの声が上がっていた。
 
ベスト3には入らなかったけど、高く評価された主な役者は(50音順に表記)、松たか子NODA・MAP『Q:A Night At The Kabuki』)、や乃えいじPM/飛ぶ教室『港でカモメがやすんでる日はね、千帆ちゃん』)、山田まさゆき突劇金魚『墓場のオサムと機嫌のいい幽霊』)など。


【再演部門】  
あごうさとし 音楽舞台劇『触覚の宮殿』 

syokaku


「該当作品なし」という意見が少なからずあった中、あごう自身とその先祖と見なされる貴族の、それぞれの私小説的な物語を、パフォーマンス色強く見せた舞台の再演が一位に選ばれた。「新たに荘厳な音楽を入れ、儀式的な妖しい雰囲気になったのが効果的。おもらしのシーンのリアルさを始め、より触覚を強く感じさせる舞台に進化していた」などのコメントが寄せられた。

その他に評価された再演作品は(ユニット名50音順に表記)、オパンポン創造社『最後の晩餐』、キノG-7『今は昔、栄養映画館』『眠レ、巴里』(二本立て)など。


※文中敬称略


bestact at 13:55|PermalinkComments(0)result