関西Best Act 再演部門設置のお知らせ2018年度上半期Best Act 開催情報

2018年03月05日

2017年下半期のBest Act


gosai

 


【作品部門】
1.劇団壱劇屋『五彩の神楽

2.
ルドルフ『まつろはぬものの記-探訪 宇治拾遺物語-』
劇団「劇団」『1000年の恋』

作品部門の1位は、劇団壱劇屋が5ヶ月連続でノンバーバル(台詞なし)殺陣芝居の新作を上演した『五彩の神楽』シリーズ。「それぞれの作品で出来にバラつきがあるので、単体で評価した方がいいのでは」との声もあったが「1ヶ月ごとに新作を打つだけでもすごいのに、新しい殺陣にも挑戦していた。一つのパッケージとして、まとめて評価すべき」との声に押されて、この形に落ち着いた。「ノンバーバル芝居に関しては、今は関西の方が元気がいいということの象徴」との声も上がっていた。
 
2位は、平安時代の説話集「宇治拾遺物語」から2本の作品を取り上げた、ルドルフ『まつわろはぬものの記』。金戒光明寺の境内で、昼夜でプログラムを変えて上演した舞台は「お寺という借景や衣裳の効果もあって、タイムスリップした気分に。平安時代の人々が、当時この作品をどう受け止めたのかが伝わる気がした」と、古典作品の舞台化として高く評価された。
 
3位は劇団「劇団」の『1000年の恋』。外部との関わりを持たない街を舞台にしたSF群像劇は、観た人の数こそ限られていたものの「シンプルだけどちゃんとテーマがある正統派のエンターテインメント。展開がわかっていても興奮できるし、構成と見せ方が見事。ポスト・ピースピットはこの劇団だと思う」と、かなり熱い支持を集めてのランクインとなった。また劇団「劇団」の件に付いては、こちらの追記も参照していただきたい。
 
役者部門の1位は、土田英生セレクション『きゅうりの花』で、理屈臭い自然農農家を演じた諏訪雅。閉鎖的な村ならではのおかしくも苛烈な人間模様を描いた本作は、役者全員のアンサンブルが高く評価されたが、その中でも「ヨーロッパ企画で鍛えたアンサンブル力をフルに生かしただけでなく、ナチュラルな意地悪さを、嫌味と笑いのギリギリで演じ切った点を一番評価したい」との声があり、全出演者を代表する形での1位獲得となった。

2位は、女子プロレスを舞台に繰り広げられる友情と愛憎を描いた、劇団子供鉅人『チョップ、ギロチン、垂直落下』 で、ヒール(悪役)を押し付けられるプロレスラーを演じたうらじぬの。「公演後にリアルにレスラーデビューを飾ったのも納得の身体能力の高さ」と同時に「“ブスは主役になれない”という際どいテーマの中で、共感できるブスキャラをサラリと構築していた」点も高く評価された。

3位は、今年度の岸田國士戯曲賞最終候補にノミネートされた、突劇金魚『少年はニワトリと夢を見る』で、小説家志望の「村上くん」を不気味に好演した山田まさゆき。「
出来が良くないキャラに無理がなく、病んでいる感じに迫力があった。変な役をやらせたら、今の若手では最高の役者では」と、次世代の怪優候補として期待する声が上がっていた。

ランクインはしなかったものの、高く評価された主な作品は、iaku『ハイツブリが飛ぶのを』、男肉 du Soleil『リア王』、ヨーロッパ企画『出てこようとしてるトロンプルイユ』など(上演ユニット名50音順表記)。主な役者は、秋月雁くじら企画『サヨナフ』)、高安美帆アイホール『さよなら家族』)、はしぐちしん虚空旅団『アトリエのある背中』)など(50音順表記)。

また2017年は上半期・下半期とも、作品・役者部門とも、突出して支持されたものがなく、全体的に激しく拮抗していたこと。さらにランク外のものとも、さほど差が開いていないという結果になったことが印象深かった……ということも特筆しておく。

※文中敬称略
 


bestact at 00:39│Comments(0)result 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
関西Best Act 再演部門設置のお知らせ2018年度上半期Best Act 開催情報