2018年度下半期Best Act 開催情報2019年度上半期Best Act 開催情報

2019年02月17日

2018年下半期のBest Act

stmo



【作品部門】
1.ヨーロッパ企画『サマータイムマシン・ワンスモア』
2.THE ROB CARLTON『SINGER-SONGWRITERS』
3.iaku『逢いにいくの、雨だけど』

【役者部門】
1.中川晴樹THE ROB CARLTON『SINGER-SONGWRITERS』、他)
2.緒方晋庭劇団ペニノ『笑顔の砦』RE-CREACION)
3.古谷ちさ橋田ゆういちろうのカンパニー『ちー茶ん』)


【再演部門】
 
KUDAN Project『真夜中の弥次さん喜多さん』

yajikita



作品部門、役者部門、再演部門のベスト作品に関しては、こちらで記事を書かせていただいてますので、ご参照ください。

関西のベスト舞台賞、ヨーロッパ企画に(Lmaga.jp)


作品部門2位は、2018年上半期と同じくTHE ROB CARLTONが獲得。「平安時代ならではの衣装や美術のしつらえや立ち振舞が完ぺき。ゆったりしたペースでも“テンポが良い”という感覚は成立できるのも発見だった」との言葉が。3位は、大きな傷を抱えた2家族の葛藤と再生を描いたiakuの新作。「キワキワの所にいる人たちのやり取りに惹きつけられた。階段状の美術の使い方も上手い」と評価された。

ランクインはしなかったものの、高く評価された主な作品は、地点『だれか、来る』、庭劇団ペニノ『笑顔の砦』RE-CREACION、ばぶれるりぐる『ほたえる人ら』など。

役者部門2位は、庭劇団ペニノ『笑顔の砦』RE-CREACIONで、主役の中年漁師を豪快かつ繊細に演じた緒方晋。「ナチュラルなおっさんぶりが、舞台に大きなリアリティを持たせていた。作・演出のタニノクロウが、彼の面白さを熟知したからこそ生まれたキャラ」と、2016年上半期に緒方がベスト役者に選ばれた『ダークマスター』に続いて、愛称の良さを発揮する結果に。3位は、橋田ゆういちろうのカンパニー『ちー茶ん』で、ヒロインを演じた「空晴」の古谷ちさが初のランクイン。「えげつないネタに対して、朝ドラ風の爽やかさを頑張って貫き通したことを評価したい」と、その健気な(?)演技が称賛された。

ラインクインはしなかったものの、高く評価された主な役者は、高橋映美子虚空旅団『きつねのかみそり』)、満腹満THE ROB CARLTON『SINGER-SONGWRITERS』)、村角ダイチ(『Small Town,Big City~大阪でひろった4つの小石~』)など。

再演部門で他に名前が上がったのは、ヨーロッパ企画『サマータイムマシン・ブルース』、四獣×玉造小劇店『ワンダーガーデン』など。なお庭劇団ペニノ『笑顔の砦』RE-CREACIONは、作品自体はベスト級のクオリティと評価されながらも、新作扱いとするか再演扱いにするかで意見が分かれたため、どちらからも圏外になってしまったということを、特に記しておきたい。



※文中敬称略


bestact at 20:57│Comments(0)result 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年度下半期Best Act 開催情報2019年度上半期Best Act 開催情報