2008年

2010年07月04日

2008年度下半期のBest Act

ishi-k.jpg



【作品部門】
1.
維新派『呼吸機械-《彼》と旅をする20世紀三部作 #2』
2.
くじら企画『山の声』
3.
劇団子供鉅人『電気女夢太る』

 

維新派の4年ぶりの野外劇が、全参加者が1位 or 特別枠に挙げるという圧倒的な評価を得て、貫禄のベスト1に。2位のくじら企画は、奇しくも主宰・大竹野正典の遺作となり、後にOMS戯曲賞大賞を受賞した作品。子供鉅人は、この作品を猛烈にプッシュした観客からの、動画を持ち込んでまでのデモンストレーションと、将来性を期待した上での3位入り。

 

 

【役者部門】
1.芳崎洋子(
糾~あざない~期間限定Saccharin『楽屋』)
2.中谷さとみ(
劇団☆新感線デス電所『ヌンチャクトカレフ鉈鉄球』)
3.吉田みるく(
男肉 du soleil共犯企画『大炎上』) 

 

全員が所属劇団の公演ではなく、外部プロデュース企画や客演での公演で評価されるという面白い結果に。特に糾~あざない~の芳崎は、普段役者として舞台には立たないというレア度も含め、その意外な怪演は強烈な印象を残したよう。中谷も新感線では脇を固める役が多いだけに、主役級の役を演じた時の強い存在感が高く支持された。男肉ではハイテンションな演技が多い吉田も、若手劇団合同公演で見せた抑えめの演技で「ちゃんと演技ができるんだ」という、失礼な(笑)評価を得てのランクイン。

 

(文中敬称略)

 

 



bestact at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年度上半期のBest Act

 

【作品部門】

1.ヨーロッパ企画『あんなに優しかったゴーレム』

2.ベトナムからの笑い声『ベトナムイサン』

3.劇団ジャブジャブサーキット『裸の劇場』


試行錯誤の第1回目にふさわしく、かなり票が別れる大激戦。その中で「こんな題材をコメディにできたとは!」などの理由で、幅広く支持を受けたヨーロッパ企画が辛うじて1位。2位のベトナムは、ベストコント集でのランクイン。ジャブジャブサーキットは3位ながらも、観劇した全員が全員票を投じた点が特筆もの。

 

 

【役者部門】

1.坂口修一(『火曜日のシュウイチ』他)
2.エディ・B・アッチャマン(ガバメント・オブ・ドッグス『Refresh!』)
3.豊田真吾(デス電所/テラヤマ博2008・末満健一演出『花札伝綺』)


2007年4月~2008年3月まで、毎週火曜日に1人芝居バラエティショーを100回連続で上演した坂口が、その功績も込みで高い支持を受けた。アッチャマンは当初誰も名前を挙げていなかったが、話し合いの中で急に名前が浮上し、そのまま2位にランクインという大逆転劇。豊田も作品部門のジャブジャブと同じく、観劇した人間全員の支持を受けてのベスト3入り。

 

 (文中敬称略)

 

 



bestact at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)