2012年

2013年02月11日

2012年下半期のBest Act

kodomo.jpg

 

 

【作品部門】
1.劇団子供鉅人『幕末スープレックス』

2.柿喰う客『無差別』

3.伊藤えん魔プロデュース『ロミオとジュリエット』

 

今回はほぼこの上位3本の接戦。その中から「過剰なぐらいサービス精神があるけど、今回はそれが散漫にならずビシっと見せてくれた」「楽しげな舞台の中に、風営法によるダンス禁止などの昨今の文化事情の危機に対抗する意識も見て取れた」など、娯楽性も批判精神も高い子供鉅人の舞台がトップを制した。2位の柿喰う客は「ジャングルジムのような舞台と役者の動きがすごい」「差別の話を、このように俯瞰的かつ演劇的にスマートに見せることができるとは」などの声が。伊藤えん魔プロデュースは「ロミオが没落貴族のジゴロという設定が面白い」「“絶望”バージョンと“希望”バージョンでキャストが変わることで、見え方が違ったのが興味深かった」と、前年の『蒲田行進曲』に続けて好評を得ていた。
 
これ以外にも、ベスト3には入らなかったけど高く評価された主な作品は(ユニット名50音順に表記)、iaku番外公演『LOOP』、ABCホールプロデュース『目頭を押さえた』 、こまち日和『ジャム瓶』、ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』など。
 
 

【役者部門】
1.橋爪未萠里伊藤えん魔プロデュース『ロミオとジュリエット』
2.中川晴樹少年王者舘『累-かさね-』)
3.深谷由梨香柿喰う客『無差別』)
 
こちらは上位の2人に票が集中。特に『ロミオとジュリエット』を観た人間がほぼ全員一位に上げた橋爪は「想像をはるかに上回るほどかわいいジュリエットだった。2バージョンともブレがなく、しっかり劇世界を支えていた」と、絶賛の声が集中。2位の中川は「揺るぎないと思われた王者舘の世界に、見事に違和感を持ち込んでいた」という少年王者舘公演での演技と共に、ヨーロッパ企画本公演でのヤクザ役も併せて評価された。以下接戦となった3位は、この話し合いでは過去に何度か名前が上がっていた深谷が「“美しさ”を幅広く表現できる人。特に今回の役は、鬼気迫る美しさがあった」との声に押されて3位入り。
 
これ以外にも、ベスト3には入らなかったけど高く評価された主な役者は(50音順に表記)、 キキ花香(劇団子供鉅人『幕末スープレックス』)、黒川猛(THE GO AND MO's『松尾の凛』他)、林英世(『林英世ひとり語り』)など。またこの話し合いの常連で、伊藤えん魔プロデュースなどで名前が上がった山浦徹には「多分小劇場で演技させたら、世界でも勝負できるぐらいのレベルの人。もう殿堂入りということでいいんじゃないか」という声が上がっていた。
 

 

※文中敬称略
  


bestact at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月17日

2012年度下半期Best Act 開催情報です

2012年下半期(7月~12月)に関西で上演された芝居の中から、観客が本当に「面白い!」と思った芝居&役者のベスト3を決める「2012年度下半期Best Act」の詳細が決定いたしました。常連の方も初めての方も、お気軽にご参加ください。見学のみの参加もOKです。

(このイベントの趣旨などにつきましては、コチラをごらんください

 

日時:2012年2月11日(月・祝)18:00~(途中参加・退出OK)

 

場所:カフェ[太陽ノ塔]GREEN WEST店

〒530-0015 大阪市北区中崎西2丁目4番36号 

TEL.06-6131-4400

※中崎町には[太陽ノ塔]が2店ございます。地下鉄中崎町駅近くにある[HOME]店とは別店舗です。こちらのGoogleマップのストリートビューの所にある、たこ焼き屋[ゆうちゃん]と[10''s BAR](現在はイタリア料理店になっています)の間の、細い路地の奥にあるお店となります。

※お店の方はこちらのイベントの詳細を把握しておりませんので、お店の基本情報(アクセス、メニューなど)以外のお問い合わせはご遠慮ください

 

参加費:無料(ただしカフェの飲食代は、各自ご負担いただきますようよろしくお願い申し上げます)

 

諸条件など:

●参加資格は「該当期間に、関西で芝居(演劇・ダンス・ミュージカルなど含む)を3本以上観劇した人」です

●お店の席を確保する都合上、おおまかな参加人数を把握したいため、参加を希望される方はコメント欄 or 下記連絡先まで参加表明をしていただければ幸いです(連絡先などは不要です)。とはいえ、当日飛び込みの参加も歓迎いたします

投票のみの参加も可能です。その際は、コメント欄 or 下記連絡先まで芝居&役者(該当する公演名も添えてください)のベスト3をお送りくだされば、話し合いの中で反映させていただきます。簡単な理由も添えていただくと嬉しいです

●参加される方も、当日の話し合いをスムーズにするため、あらかじめベスト3を決めた上で臨んでください

 

連絡先:m-yoshinag(あっとまーく)gol.com

※メールを送信する際は、(あっとまーく)を@に変えて使用してくださ い

※ツイッターのアカウント(@Yoshine_A)にRTする形でも受け付けております。

 

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 



bestact at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月23日

2012年上半期のBest Act

noda.jpg

 

【作品部門】
1.NODA・MAP番外公演
『THE BEE Japanese Version』
2.劇団ジャブジャブサーキット
『死ぬための友達』
3.Aripe
『人の気も知らないで』

3.メイシアター☓sunday『牡丹灯籠』

※同順位の芝居はユニット名50音順で表記
 
話し合い史上最大数の公演名が上げられ、かつてなく調整に困難を極めた作品部門。特に1位は2作品での膠着状態となり、ついに初の「決選投票」を採用。その結果、6年ぶりの関西公演を実現したNODA・MAPが選ばれた。関西拠点 or 関西出身以外の劇団がベストに選ばれたのは異例のことだが「どう考えてもこれより上の作品は思いつかなかった。関西どころか、日本全体の上半期一位では」「“これ以上の物は望めない”と思った初演すらも超える舞台を作った、その計り知れなさはやはりすごい」などの強い支持もあり、最終的にはこの結果となった。2位のジャブジャブは、前回の話し合いで「アベレージ劇団」の1つに上げられたが、この作品に関しては「近年の作品の中では1つ抜けた出来。SF的な発想が、いつもとは違う形で提示された」「震災と原発事故をモチーフにした芝居は多いけど、それらの中では異色の出来。震災芝居の傑作の1つ」と、従来のアベレージを超えたと認める声が集まった。同率3位となったAripeは「カフェを舞台にした芝居の中では最高のレベル。(作・演出の)横山拓也さんは最近本当にハズレがない」、メイシアター☓sundayは「何十本もの竹を吊るした舞台をあれだけ効果的に使えた、演出力と役者力は並大抵ではない」との賛辞が寄せられていた。
 
これ以外にも、ベスト3には入らなかったけど高く評価された主な作品は(ユニット名50音順に表記)、劇団うりんこ『お伽草紙/戯曲』、男肉 du Soleil 『Kの結婚前夜』、下鴨車窓『小町風伝』、永野宗典不条理劇場『劇野郎が来る!』、ニットキャップシアター『さらば箱舟』、レトルト内閣『金色夜叉オルタナティブ』など。
 

【役者部門】
1.栗木己義(劇団ジャブジャブサーキット『死ぬための友達
』)
2.Sun!!サキトサンズ『梨の礫の梨』
2.益山寛司(劇団子供鉅人『キッチン・ドライブ』)
※同順位の役者は50音順で表記
 
作品部門では1位を譲ったジャブジャブだが、主演の栗木が役者部門1位を獲得することで、借りを返す結果になった。「これまでのジャブジャブ作品でもいい演技をしていたけど、今回は飄々とした風情が非常に生きた役だった。ラストの渋さも印象に残った」との声が。熱心なウォッチャーからは「舞台美術の技術込みで評価します(笑)」(※ジャブジャブの美術は栗木が担当)という、スタッフワークも役者が行う小劇場界ならではのコメントも。同率2位となったSun!! は「彼女の歌って踊らない役は貴重。受けの演技が意外なぐらいうまかったし、母親役もこなすなど新境地を開いた」、益山には「身体のキレがとにかく素晴らしい。ああいうドラァグクイーン的な役がハマる男優は、関西には他に思いつかない」などの意見が上がっていた。
 
ベスト3には入らなかったけど高く評価された主な役者は(50音順に表記)、大塚宣幸悪い芝居『カナヅチ女、夜泳ぐ』)、キキ花香(劇団子供鉅人『キッチン・ドライブ』)、竹田桃子こまち日和『行進曲「食卓」』)、広田ゆうみ(このしたやみ『赤い部屋』)、深谷由梨香柿喰う客『絶頂マクベス』)、松永渚メイシアター☓sunday『牡丹灯籠』)など。全体的に、女優が強い結果となった。
 
 
【特別賞】
 
元・立誠小学校の敷地を丸々利用して、コメディ芝居上演や映画上映会などを同時多発的に行った、ヨーロッパ企画主催の一大イベント。特に目玉企画「コメディ実験室」で上演された計6作品が、作品部門・役者部門両方で好意的な声を多数集めたものの、見事に6作品内で票が割れたため、いずれもベスト3入りには至らなかった。しかし「タイトル負けしない、笑いへの実験的な姿勢はさすがヨロ企と感心した」「コメディ実験室以外でも、パフォーマンスとしても面白いと思える企画が多かった」など、無冠にするにはあまりにも惜しいとの声が上がったため、急遽特別賞を設けて、そのあくなき実験的精神とサービス精神を評価することになった。
 
(文中敬称略)

 



bestact at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月20日

2012年度上半期Best Act 開催情報です

2012年上半期(1月~6月)に関西で上演された芝居の中から、観客が本当に「面白い!」と思った芝居&役者のベスト3を決める「2012年度上半期Best Act」の詳細が決定いたしました。常連の方も初めての方も、お気軽にご参加ください。見学のみの参加もOKです。

(このイベントの趣旨などにつきましては、コチラをごらんください

 

日時:2012年7月22日(日)18:00~(途中参加・退出OK)

 

場所:カフェ[太陽ノ塔]GREEN WEST店

〒530-0015 大阪市北区中崎西2丁目4番36号 

TEL.06-6131-4400

※中崎町には[太陽ノ塔]が2店ございます。地下鉄中崎町駅近くにある[HOME]店とは別店舗です。こちらのGoogleマップのストリートビューの所にある、たこ焼き屋[ゆうちゃん]と[10''s BAR](現在はイタリア料理店になっています)の間の、細い路地の奥にあるお店となります。

※お店の方はこちらのイベントの詳細を把握しておりませんので、お店の基本情報(アクセス、メニューなど)以外のお問い合わせはご遠慮ください

 

参加費:無料(ただしカフェの飲食代は、各自ご負担いただきますようよろしくお願い申し上げます)

 

諸条件など:

●参加資格は「該当期間に、関西で芝居(演劇・ダンス・ミュージカルなど含む)を3本以上観劇した人」です

●お店の席を確保する都合上、おおまかな参加人数を把握したいため、参加を希望される方はコメント欄 or 下記連絡先まで参加表明をしていただければ幸いです(連絡先などは不要です)。とはいえ、当日飛び込みの参加も歓迎いたします

投票のみの参加も可能です。その際は、コメント欄 or 下記連絡先まで芝居&役者(該当する公演名も添えてください)のベスト3をお送りくだされば、話し合いの中で反映させていただきます。簡単な理由も添えていただくと嬉しいです

●参加される方も、当日の話し合いをスムーズにするため、あらかじめベスト3を決めた上で臨んでください

 

連絡先:m-yoshinag(あっとまーく)gol.com

※メールを送信する際は、(あっとまーく)を@に変えて使用してくださ い

※ツイッターのアカウント(@Yoshine_A)にRTする形でも受け付けております。

 

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 



bestact at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)